脱毛サロンの改めて欲しい点。「冷却ジェル」に関すること

脱毛サロンは、今や女性にとって身近な存在となりつつあります。以前までは、ムダ毛の脱毛をするのにプロにお願いするという人は、芸能人やモデルなどの人が多く、一般の人たちにまではあまり普及していませんでした。

image_salon01

しかし、近年の女性の美意識の向上や脱毛サロン利用料が下がってきたことなど様々な要因で、脱毛サロンに通う人が増えてきています。特に、女性の美意識の向上は、めざましいものがあり、いつでもお手入れされた隙のないツルツル素肌でいたい、と願う女性が多くなりました。また、男性もそうした女子力が高い女性を求める傾向にあり、こうした考えを持つ女性が増えることも当然といえます。

さらに、自己処理による埋没毛などのリスクが広く知られるようになったことも起因しています。

脱毛サロン側の企業努力も関係しており、様々なテレビコマーシャルや有名人を使ったポスターなどの広告手段、価格の低下などにより、女性に脱毛サロンを身近に感じてもらうような努力を重ねています。

そんな脱毛サロンですが、利用者の中には改めて欲しい点を持つ方も少なくありません。
脱毛サロンに対して改めて欲しい点は、人によって様々なところではありますが、多くの人が抱いているのが、冷却ジェルに関してです。

脱毛をする際には、冷却ジェルを使用した施術を行うところがほとんどですが、この冷却ジェルはとてもひんやりしているので、これが苦手という人が多いのです。このため、改めて欲しい点として冷却ジェルを上げる人が多くなります。

現在では、ヒヤッとしないような冷却ジェルを使用する方式で施術を行う脱毛サロンもありますが、こうした方式が増えると、さらなる顧客サービスの充実につながるといえます。

このような女性の間での「ここを改めて欲しい」というところを改善したのが、実はキレイモなんですね。

キレイモでは、市場にお店を展開する前に、既存店の色々な問題点を市場調査しています。その中で浮かび上がってきた問題点の一つが、この「冷却ジェル」。

特に、全身脱毛となると、施術を受ける時は薄着もしくは裸に近い状態になります。ただでさえ「ちょっと寒いかも」と感じている時に、あの「ヒヤッー」とする冷却ジェルを塗布されると、ちょっと辛いですよね。確かに脱毛器で施術をするときの痛みを、少しでも軽減しようとするお店の気持ちは理解できるのですが、この「ヒヤッー」は、人や場合によっては耐え難いケースもあるようです。

こちらにも記述している通り、キレイモでは、冷却ジェルの代わりに「鎮静ローション」を使用しています。「ヒヤッー」がなく、同時に施術時の痛みも軽減できるという一石二鳥の対応です。

キレイモは、このような所にも配慮しているんですね。

キレイモのお店は、こちらのキレイモ予約(TOP)へ。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ