自己脱毛のメリット・デメリット

自己処理法の中でも、『家庭用脱毛器』が流行っています。手間がかかり脱毛サロンほどの脱毛効果は期待できませんが、いちばん安全で肌トラブルも少ないようです。

自己脱毛

あなたのお肌は大丈夫? 女性にとって、ムダ毛の処理は身だしなみのためのケアとして欠かせませんよね。 今でこそ、脱毛エステや脱毛クリニックで処理をしてもらう女性が増えてはきましたが、まだまだ自己処理をしている女性が多いですよね。

もともと、体毛というのは、皮膚の保護や保温効果など、私たちの身体を守るために自然に生えてくるものなので、『ムダな毛』ではないんですよね。 でも、毛質や毛量に個人差があるため、人によっては人目に触れる部位に生えてくることや毛深さが悩みだったり、美意識の高い女性には邪魔もの扱いですね。

自己処理の方法にもいくつかあり、いちばんポピュラーな方法がカミソリで剃る方法ですね。

道具さえあれば、いつでも素早く処理できる便利さと、いちばん安価であることが最大のメリットです。

しかし、処理する時は、泡やジェルなどで肌を守りながら行っていても、肌荒れや乾燥、カミソリ負けによる炎症、色素沈着などのリスクを伴ってしまいますし、処理してもすぐに生えてきてしまいますから、マメに処理しなければならない手間もあります。カミソリよりも安全性の高いシェイバーでも、肌への負担は変わりません。

毛抜きで処理する場合は、毛根からムダ毛自体を抜いてしまうので、処理の間隔が長くて済みますが、肌と毛根へのダメージは大きく、毛穴の中で内出血を起こしてしまったり、埋没毛、毛嚢炎、チキン肌になってしまうことは大きなデメリットになります。

また、除毛剤、脱色剤、抑毛剤などの化学薬品を使用した処理法もありますが、それぞれの目的や効果に違いはあるものの、マメに処理が必要である手間と、化学薬品による様々な肌トラブルは避けられません。

いずれの処理法でも、それぞれのメリット・デメリットはありますが、肌へのダメージを最小限に抑えるには、処理後の保湿をしっかりと行うことです。 今は、自己処理後に使う美容成分が含まれた専用のクリームも販売されているので、それを活用すればトラブル回避にはなるでしょう。

自己処理法の中でも、いちばん安全で肌トラブルもなくきれいな脱毛ができるのは、やはり『家庭用脱毛器』でしょう。 デメリットをあげるとすれば、脱毛サロンほどの脱毛効果が期待できないとこ、自分で処理する手間でしょうか。

効果に関しては、サロンの機器に比べて家庭用機器は、安全性のために出力が抑えられているので、その分効果の現れ方に時間がかかってしまうのは仕方がないことなのです。

でも、キレイモのような脱毛サロンで行われている施術法が、家庭ででき、肌の仕上がりがエステ並にきれいになることは、大きなメリットだと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ