脱毛部位(ワキ、顔、脚、VIOなど)のムダ毛やその処理について

脱毛部位について、ワキ、顔、脚、VIOのムダ毛やその処理について、簡単にご紹介してまいりましょう。

ワキの脱毛 体の中でも皮膚が弱い部位の一つであるワキは、保護機能として濃い体毛が生えています。体温を調節するのにも大切な場所であり、そのため汗をかきやすい『ワキ汗』が多くなります。

ワキ毛があることで、汗によって臭いのこもりやすいため体臭が強くなりやすいとも考えられています。 ワキ毛の処理をすることは体にとくに悪いものではありません。

日本では戦後、露出の多い洋服を着るようになってからワキ毛を処理する習慣が広まったと言われています。

顔の毛について 意外に女性の悩みで多いのが顔のムダ毛です。男性のようなひげが生えることはないにしても、基地の周りやほおに産毛が生えて目立ちやすくなる女性は少なからず存在します。

脱毛サロンでのニーズも鼻の下のほかアゴや頬の脱毛が増えています。

顔のムダ毛の処理は他人からの視線の避けることもありますが、肌質を改善したりメイキャップがしやすくなるという効果が大きいパーツです。

キレイモの全身脱毛には、この顔の脱毛も含まれています。 他の全身脱毛を行うサロンでは顔脱毛が含まれていないところが多いのですが、キレイモでは、ちゃんと顔脱毛もやってくれますよ。

029414s

脚の毛について 多くの女性が自己処理をしてトラブルになりやすいのが脚のムダ毛です。 範囲が広いためついついカミソリで一気に剃ってしまい、肌荒れや湿疹を引き起こしたりしてしまいます。

普段パンツをはく人なら真夏以外に脚の毛のムダ毛処理をしたいと考えることは少ないかもしれませんが、自己処理に頼っているとそれだけ肌への見えないダメージをため込むことになってしまっています。 ストッキングなどをはく機会が多いのならなおさら脱毛サロンでの処理がおすすめです。

VIOについて デリケートゾーンであるVライン(ビキニライン)、Iライン(性器周辺)、Oライン(肛門周辺)を総称してVIOと呼びます。 アンダーヘアよりももう少し広い言い方として、ハイジーン脱毛としても近年少しずつ人気の高まっている脱毛部位です。

毛量も多く堅めの毛質であるのに加え、敏感な場所だけに自己処理ではあやまって皮膚を傷つける可能性も高く脱毛サロンでの人気が高まっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ