脱毛サロンと医療脱毛

脱毛サロンと医療脱毛脱毛には、使用する脱毛機器の違いがありますが、施術前後の肌ケアや仕上がりのきれいさで選択するならば、やっぱり脱毛エステになります。

030714s

「私も脱毛をはじめようかなぁ~」と思った時、まず最初に迷うことは、どこで脱毛をしてもらうか? ではないでしょうか。

現在、主流となっている脱毛処理法は『フラッシュ脱毛』と『レーザー脱毛』ですよね。 どちらの処理法も、照射する光の種類は違いますが、光を肌表面に照射することによって、体毛と毛根にダメージを与えてムダ毛を処理する方法ですから、きれいに脱毛できます。 しかし、フラッシュ脱毛の方は『脱毛サロン』で受けることになりますし、レーザー脱毛の方は、『医療機関』で受けることになります。

ひと昔前は、脱毛サロンでもレーザー脱毛を受けることはできましたが、現在は医療行為になっているので、医師か、もしくはそれ相当の資格を持った人しか扱えないことを覚えておきましょう。

受けられる場所が違うことはわかったにしても、その他ではどんな面に違いがあるのか?というと。 まず、レーザー脱毛は医療機器になりますから、フラッシュ脱毛よりも出力が高いです。

そのために、施術時の痛みを伴ってしまいますが、脱毛効果はフラッシュ脱毛よりも高い効果が得られます。 仮に、施術後の肌トラブルが発生したとしても、医療機関ですから医師の診断で適切な処置をしてもらえるのは、脱毛エステとの違いですね。 でも、最近の脱毛サロンは、最寄りの医療機関との連携で対応しているところもある様ですから、その点はあまり比較にはならないかも知れません。 ただ、費用面ではレーザー脱毛の方が高くなります。

いくら医療機関での施術とはいえ、保険適用外診療になりますし、最近の脱毛エステは、いくつかの部位がセットで脱毛できたり、気になる部位だけをセレクトできたり、とにかく格安設定になっているので、その料金と比べてしまうと、レーザー脱毛の方が高いとしか言えません。

また、エステサロンと医療機関を比べてみても、その施設の目的が違うわけですから、比較にならないかも知れませんが、施術前後の肌ケアや仕上がりのきれいさで選択するならば、やっぱり脱毛エステになります。

医療機関は、ムダ毛を除去するという治療が目的であって、肌をきれいに仕上げることが目的ではありませんからね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ