部位脱毛で一番人気のワキ脱毛

l_02s

わきの毛は全身の脱毛部位のなかでも敏感な場所のため、人によっては痛みを感じやすいパーツとなっています。 しかし、どの脱毛サロンも全身の部位の中で、いちばん人気のわき脱毛にはとても力を入れており、高性能脱毛マシンを次々に投入しているので、かつてのニードル脱毛のような痛みとは比べ物にならないレベルとなっています。

そもそも無駄毛のなかでもわきの毛は毛質が硬くて太いことや、毛根部が強く密着していることなどから、なかなか施術によるダメージを与えにくく、処理に際して痛みが出やすくなるのは事実です。

男性に比べれば女性は脱毛施術中の痛みを感じにくいといわれていますが、それでもまったくの無痛というところまでは至っていません。 したがって、脱毛業界もしのぎを削ってわき脱毛のクオリティーを上げられるように、スタッフの技術研修に力を入れたり、脱毛機器を国内最先端技術や海外のトップ製品を導入するなど企業努力を続けています。

これまで太くて濃いわきの毛の脱毛には、ニードル脱毛といって針を使用する脱毛方法が主流でした。 100年以上の歴史を持ち、毛根部の一つひとつにアプローチして抜くことができるもので、確実な仕上がりが実現していました。 ただし、針を使うということでお分かりのように、痛みが大きく、人によってはなかなか施術を続けられないというデメリットがありました。

そんななか近年は、フラッシュ脱毛といい光方式を採用した脱毛法が確立、主流化しています。光脱毛であっても放射の際に若干の痛みはあるものの、ニードル脱毛に比べれば痛みはとても少なくなりました。

さらに、光量を変えれば日本人のセンシティブな肌質にも柔軟に対応できるため、肌へのダメージも最小限度に抑えられ、トラブルが出にくいというメリットが特徴です。

わきのムダ毛であればカミソリで十分という人も多いことでしょう。しかし、繊細な肌をこれ以上傷めないためにも、早いうちから光脱毛の施術を受けて、毎日のお手入れを手軽なものにしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ